top of page
_V3A4376.jpg

車庫を「人が集まる地域の場」にリフォーム

 vol.19 武蔵野市 松屋果樹園+ガレージ 

ある日はすいとんカフェ、別の日は焼き菓子店、その翌日はカゴ編みのワークショップ。『松屋果樹園+ガレージ』は、不定期でさまざまなお店が入るレンタルカフェスペースです。
「ご近所の方も今日は何かな?と楽しみにしてくれています」。そう笑顔で話すのは、オーナーの古瀬陽子さん。
たっぷりの日差しと木の温もりが心地よい空間。窓を開ければ、目の前の果樹園からさわやかな香りが舞い込みます。
「ここにいると居心地がよすぎて、時間を忘れてしまうんです」。建築士・三輪良恵さんの言葉に、施工を担当したタカキホームスタッフも大きく頷きます。

_V3A4041.jpg

元は、隣に建つ母屋の大型車庫だった場所。ご家族で営む果樹園の作業場として使っていました。
「みんなで和気あいあいと柑橘の処理をするのですが、冬は寒くておしゃべりどころじゃない。せめて雨風をしのげるようにしたい、というのが発端でした」と古瀬さんは振り返ります。
どんな風に改修しようかと考える中、ふと頭に浮かんだのが、近所で井戸端会議をする大人とそのまわりで遊ぶ子ども達という原風景。他愛のない雑談が誰かの支えになったり、地域のつながりになったりしていた。ここをそんな場所にできないだろうか。
「以前ギャラリーで作品集を観てから気になっていた、『MIWA atelier』の三輪さんに問いあわせてみました。曖昧な内容にもかかわらず真摯に相談にのってくれ、安心したのを覚えています」と古瀬さん。

_V3A4079.jpg

一方の三輪さんは、話を聞き「おもしろそう!」と直感。車庫を確認したところ、しっかりとした造りで雰囲気もよかったことから、元の建物のよさをいかしたリフォームを提案しました。
少しイレギュラーなリフォーム案件ゆえ、新しいことにチャレンジする姿勢とポジティブな思考をもつ工務店に施工をしてほしい。そう思った三輪さんが声をかけたのが、タカキホームです。こうして、3者によるプロジェクトがはじまりました。
「三輪さんもタカキホームも親切で、安心して何でも話せました。遠慮して言えなかったことは、ひとつもありません。何かリクエストをすると、それに対する選択肢をいくつか提案してくれるので、会話が一方通行にならない。頼もしいし、毎回打合せが楽しみでした」と古瀬さんは話します。

Before After

​リフォーム

良質な木材で頑丈に造られていた車庫。「手を加えすぎない」をテーマにリフォームしました。

工事前.jpg
_V3A4390.jpg
_V3A4115.jpg

元からあった、大谷石でできた壁。経年変化の美を感じます。

_V3A4256.jpg

柱や梁に使われていた立派な丸太材も、そのまま残しました。天然素材の丸太材にあわせて新たに扉や窓枠を造るのは、技術が必要。経験豊富な職人が担当しました。

_V3A4230.jpg

庭仕事用の外水洗を、使いやすくリフォーム。柑橘を洗ったり、草花のお手入れをするのに便利です。

_V3A4111.jpg

洗い出し仕上げの床、白砂利、タイルなどナチュラルな素材を使用しました。

Before After

_V3A4177.jpg

新しい場は、作業場にもカフェにもなる「あいまいなスペース」とすることにしました。
「果樹は毎年、風味や収穫量が変化します。この場所も最初から経営計画でガチガチに固めるより、流れにまかせた方がよいご縁を運んでくれると思いました」。
果樹園農家に生まれ、ずっと自然を相手にしてきた古瀬さんだからこその柔軟な考え方です。

_V3A4238.jpg

『ガレージ』がオープンして1年。言葉通り縁に恵まれ、友人・知人を中心に各自が得意なことをこの場でシェアしています。
「ここでおしゃべりを楽しみ、くつろいでいる人たちの様子を眺めることが何よりの幸せ。毎日が楽しく、協力してくれた家族はもちろん、関わる人全員に感謝をしてから就寝するのが習慣になりました」と古瀬さん。
明るくまわりへの優しさに溢れるお人柄と、『ガレージ』の温かな雰囲気はぴったり。緑の美しい陰影、通り抜ける風の気持ちよさ。季節を感じに、ぜひ訪れてほしい場所です。
※『ガレージ』は不定期オープンです。スケジュールはSNSにてご確認ください。

_V3A4501.jpg

about

  the Architect

顔写真_miwayoshie_s.JPG

建築家
三輪 良恵さん

みわ よしえ

一級建築士

MIWA atelier 代表

住宅・店舗設計から家具デザインまで手掛ける、吉祥寺に拠点を持つ建築設計事務所。依頼者に寄り添い、建築設計の技術を使って要望にこたえる。柔らかで誠実な人柄も評判。

武蔵野市 松屋果樹園+ガレージ
リフォーム
構造 木造
延床面積 31.57㎡
完工時築年数 築37年
設計 MIWA atelier
施工 タカキホーム

取材・文

渡部和泉 わたなべ いずみ

ライター、フードコーディネーター、国際中医薬膳師。 著書に「季節の手づくりジャムの本」、「家族ではじめる、小さなカフェ」などがある。東京の郊外に建てたWBハウスで、月に1日だけオープンする「cafe mel」を営む。
https://www.cafemel.com/

“タカキホームの家で暮らしています”  index

vol.1

ガーデニングを楽しむ、花いっぱいの住まい

―小金井市Yさま邸―

vol.2

エアコンなしでも快適に暮らせる、パッシブハウス

―小平市Tさま邸―

vol.3

急な来客にも慌てない、いつでも歓迎できる家

―小金井市髙木邸―

vol.4

タカキホームの「キホンの家」、モデルハウスの見所

―東大和市モデルハウス―

vol.5

薪ストーブのある暮らし パッシブハウス・冬編

―小平市Tさま邸―

vol.6

この先も安心して暮らせる、平屋のような2階建て

―小金井市Tさま邸―

vol.7

母と娘の創作基地は「パオ」のような8角形の家

―所沢市Kさま邸―

vol.8

前居の建具を引き継いだ、北欧風の大人かわいい一軒家

―三鷹市Oさま邸―

vol.9

はけのふもとに建つ、瓦屋根の文化住宅

―小金井市Kさま邸―

vol.10

人と人、空間と空間をつなぐ、スタイリッシュな3階建て

―小金井市Yさま邸―

vol.11

築30年の実家をシンプルでナチュラルな空間にリフォーム

―西東京市Yさま邸―

vol.12

西荻窪の居抜き物件を、パステルカラーの刺繍教室兼ショップにリフォーム

―杉並区西荻窪『Atelier アンナとラパン 刺繍道具店』―

vol.13

中古戸建てを建築家とともにリフォーム。グレーが基調の洗練された室内

―西東京市Gさま邸―

vol.14

“ガーデニング霊園のいせや”が作った武蔵小金井駅前のカフェラウンジ

―株式会社いせや ロゼリア・ラウンジ―

vol.15

家族が健やかに暮らせる、通気断熱WB工法の家

―目黒区Oさま邸―

vol.16

住居+プライベートネイルサロン。モノトーンでまとめた一軒家

―杉並区Nさま邸―

vol.17

家事・育児動線が考えられた、北欧モダンハウス

―小金井市Mさま邸―

vol.18

建築家とともにリノベーション。骨董品店オーナーのアトリエ兼自宅

―杉並区Sさま邸―

bottom of page