中古戸建てを

建築家とともにリフォーム

グレーが基調の洗練された室内

 vol.13 西東京市Gさま邸

築26年の中古戸建てを購入し、室内を大幅リフォームしたGさんご夫婦。グレーでペイントされたシックな空間は、外国のデザイナーズホテルのよう。モールディングを取り入れたり、トーンの異なるグレーを塗り分けたりすることで生まれる陰影が印象的です。
「外観はリフォームをしなかったので、みなさん、家の外と中とのギャップに驚かれるんですよ」と、奥さまが教えてくれました。

静かな住宅地に建つ一軒家。南向きで、温かな日差しがたっぷり入ります。

木目が美しい一枚板のダイニングテーブルは、奥さまがご両親から譲り受けた天板。存在感があります。テーブルや床の間の花は、師範の資格をもつお姉様が、庭の椿や千両をつかって生けてくれたそうです。

イギリス人のご主人とゆったりした暮らしを楽しみたい。そう考えたとき、家づくりのパートナーとして浮かんだのがタカキホームでした。
「姉がタカキホームで建てた家に住んでおり、信頼できる工務店だとおすすめされていて。すてきな住まいでしたし、他の選択肢は考えませんでした。設計は知人の建築家、早草睦惠さんにお願いしました」と奥さま。
「広くて静かな家がいい」というご主人の希望で見つけたのは、閑静な住宅街に建つ中古物件。しっかりした造りで状態もよかったので、建て替えずにリフォームを施すことになりました。
シューズクロークやニッチ棚など残せるものは残しつつ、寝室の天井を抜いて開放感を出したり、洗面室をシャワールームに変えたりと、希望は全て実現。天井と床下には断熱材をしっかり入れ、機能面もアップさせました。
仕事柄所持品が多いというGさんですが、造り付けの家具にすることできれいに収納でき、生活感が出ないホテルライクな家になりました。

 ご主人の得意料理はカレーで、週に1度は必ず作るそう。「おいしいし、飽きないんですよ」と奥さま。

家のメインは、広々としたダイニングキッチン。「料理をするのも食べるのも大好き」というおふたりは、揃ってキッチンに立つことも多いため、シンクが2つある大きなアイランドキッチンをオーダー。友人を招いておもてなしする際は、ご主人が前菜、奥さまがメインと手分けをして料理するそう。
ワークトップは常にすっきりさせたいと、調理道具や調味料はすべて引き出しの中に。収納物のサイズに合わせて造作しています。ミーレの大型食洗機もビルトインされており、調理から片付けまでの動線がとてもスムーズ。正面壁面にはテレビがあるので、映像を見ながらじっくり煮込み料理を作ることも。
奥さまは和洋中問わず料理全般のほか、オーブンを使ってパンやお菓子まで作る腕前。いずれはここでお料理教室をする夢もあるそうです。

食器が大好きで、つい集めてしまうという奥さま。北欧のものを中心に、日本の作家もの、エスニックなものなど、ジャンルにとらわれずご自身の審美眼でセレクトされています。

Before After

リフォーム

約3ヵ月のリフォーム工事で、ここまで変わりました!

 ダイニングキッチン 

床はオーク材に貼り替えました。自然塗料で仕上げています。イスは建築家がセレクトした、デンマークのインテリアプロダクト「HAY」のもの。

 和室 

畳をはずしてサイザル麻を床材に。枠の細い障子に変えることで、モダンな印象を受けます。

 ゲストルーム 

イギリス製のシャビーな色合いのペンキは、独特の世界観をつくりあげます。

 ワークルーム 

エディターとライターをされている奥さまの仕事部屋。書籍に合わせて棚を造作。

 寝室 

天井を抜き、開放感を出しました。風水に知見が深い奥さまのリクエストで、収納棚の1箇所は隣室と通じるようになっています。

漆喰の壁がナチュラルな雰囲気。

 玄関 

シューズクロークは、本体はそのままで扉のみを取り替え。スタイリッシュな色のコントラストが、気分をあげてくれます。床にはオールドキリムを。

 洗面室 

2階にはご主人専用のシャワールームがあります。

 トイレ 

窓枠以外全て新しくしました。清潔でシンプル、落ち着ける空間です。

Before After

住み始めてからちょうど1年。何か困ったことがあればすぐに対応してくれるタカキホームに依頼して本当によかった、と語るGさんご夫婦。
「想像以上に快適な暮らしです。以前はリラックスするためにホテルに泊まることがありました。だけど今はホテルよりも自宅の方がずっと落ち着く。旅行に出かける機会が減りました」と笑いながら話します。
ガーデニングが大好きなご主人は、巣箱を造ったり、木を植えたりと庭のDIYを継続中。そのうち鳥が来てくれるかな、と笑顔で話すおふたりの姿は、とてもやさしくてあたたか。ひと足先に、春の気配を感じたのでした。

西東京市Gさま邸
リフォーム

構造 木造在来工法
地上2階建て
延床面積 116.44㎡
完工時築年数 築26年

​設計 Cell Space Architects

about

  the Architect

建築家
早草 睦惠さん

はやくさ むつえ

1級建築士

建築設計事務所、セルスペース代表。住宅や別荘建築を中心に、集合住宅、オフィス、文化施設、ランドスケープ、家具など幅広く展開している。第15回モダンリビング大賞、第47回中部建築賞など、多数の受賞歴がある。

Cell Space Architects

https://www.cell-space.com/ja/

取材・文

渡部和泉 わたなべ いずみ

ライター、フードコーディネーター、国際中医薬膳師。 著書に「コーヒーショップをつくる」(旭屋出版)などがある。東京の郊外に建てたWBハウスで、月に1日だけオープンする「cafe mel」を営む。
https://www.cafemel.com/

“タカキホームの家で暮らしています”  index

vol.1

ガーデニングを楽しむ、花いっぱいの住まい

―小金井市Yさま邸―

vol.2

エアコンなしでも快適に暮らせる、パッシブハウス

―小平市Tさま邸―

vol.3

急な来客にも慌てない、いつでも歓迎できる家

―小金井市髙木邸―

vol.4

タカキホームの「キホンの家」、モデルハウスの見所

―東大和市モデルハウス―

vol.5

薪ストーブのある暮らし パッシブハウス・冬編

―小平市Tさま邸―

vol.6

この先も安心して暮らせる、平屋のような2階建て

―小金井市Tさま邸―

vol.7

母と娘の創作基地は「パオ」のような8角形の家

―所沢市Kさま邸―

vol.8

前居の建具を引き継いだ、北欧風の大人かわいい一軒家

―三鷹市Oさま邸―

vol.9

はけのふもとに建つ、瓦屋根の文化住宅

―小金井市Kさま邸―

vol.10

人と人、空間と空間をつなぐ、スタイリッシュな3階建て

―小金井市Yさま邸―

vol.11

築30年の実家をシンプルでナチュラルな空間にリフォーム

―西東京市Yさま邸―

vol.12

西荻窪の居抜き物件を、パステルカラーの刺繍教室兼ショップにリフォーム

―杉並区西荻窪『Atelier アンナとラパン 刺繍道具店』―

vol.13

中古戸建てを建築家とともにリフォーム。グレーが基調の洗練された室内

―西東京市Gさま邸―

vol.14

“ガーデニング霊園のいせや”が作った武蔵小金井駅前のカフェラウンジ

―株式会社いせや ロゼリア・ラウンジ―

vol.15

家族が健やかに暮らせる、通気断熱WB工法の家

―目黒区Oさま邸―