201015-015_big.jpg

“ガーデニング霊園のいせや”が作った
武蔵小金井駅前のカフェラウンジ

 vol.14 株式会社いせや ロゼリア・ラウンジ

季節の花と緑に囲まれた、“癒やされるガーデニング霊園”で知られる『株式会社いせや』。
美しいバラのアーチや、スペインのアルハンブラ宮殿を参考にした噴水、くつろげるオープンテラスと、いままでにない霊園のスタイルを提案しています。
これらはすべて、訪れる人を真摯にもてなしたい、お客様の心に寄り添いたい、という気持ちからうまれたこと。「気持ちが落ち着く」、「毎年バラの開花が楽しみ」といった声が多く寄せられるそうです。
そんな同社が、今夏新しくオープンしたのが「ロゼリア・ラウンジ」。お客様が気軽に立ち寄ってお茶をしたり、終活について相談したり出来る、カフェスペースです。

JR中央線 武蔵小金井駅 徒歩3分の場所にオープンした、ロゼリア・ラウンジ。お買い物の後や、お散歩の途中で立ち寄り、おいしいコーヒーでひと息つくお客様が多いそうです。

店内は車椅子の方にも配慮したバリアフリー設計。

ロゼリア・ラウンジがあるのは、武蔵小金井駅前にある商業施設『So CoLa(ソコラ)武蔵小金井クロス』の1階。多摩地域に多くの霊園をもつ同社にとって、地元といえる場所です。
設計を担当したのは、同じ小金井市に事務所を構える『上原和建築研究所』の代表、上原和さん。地元の活性化や社会活動にも積極的に取り組む建築士です。
上原さんが考えたのは、“伝統の継承と未来の創造”をテーマにした、白い漆喰ドームがいくつか建ち並ぶ個性的な内装。おおらかな曲面や、木の格子天井が、親しみやすい雰囲気を加えます。
「ドームの立体的な曲線は、非常に難しい施工。最初から、知識と技術を兼ね備えたタカキホームに頼もうと決めていました。何度も一緒に仕事をしていて、絶対の信頼感がありましたから」と上原さんは話します。

ドームの製作途中。美しい曲線の梁が見事です。これを隠してしまうのはもったいない、という声も出たほど。タカキホームの熟練大工の腕が光ります。

施工で特に苦労したのは、やはりドームの製作。ひとつのドームに対して形状が異なる梁を30本以上用意し、それらをぴったりと組み合わせる。少しでもズレが生じるとすべてが崩れるため、緻密な計算と繊細な技術が必要でした。
「大変な作業でしたが、タカキホームもいせやの皆さんも常にポジティブだったおかげで、一致団結して前向きに取り組めました。イメージ通りに出来た時は、心からほっとしました」と上原さんは振り返ります。

丸みを帯びたドーム型は、ヨーロッパの古いお墓の造形がモチーフだそう。

漆喰壁で覆われたミーティングルーム。やさしく包み込んでくれるような、落ち着く空間です。

ドームは4つあり、それぞれ、受付兼事務室、ミーティングルーム、バーカウンター、トイレとなっています。メインとなる客席の床はウォールナット材ですが、ドーム内にはそれぞれ異なる床材を使用することで、入った時の印象が変わります。
ミーティングルームは、ドアを閉じるとプライベート空間に。あえてラフに塗装した漆喰壁が温もりとなり、終活についてもポジティブな気持ちで相談が出来そうです。
一番奥にあるバーカウンターは、福利厚生のひとつとして、いせや社員のために作ったもの。仕事が終わってからのコミュニケーションの場として活用されているそうです。お客様も社員も大切にする、という企業理念から生まれました。
天井の格子は無垢の杉材、ドームの壁は漆喰、柱はヒノキ材など、自然の素材を多用している空間。常駐するスタッフも「空気がきれいで居心地がとてもいい」と、喜んでいるそうです。

Gardening

ガーデニング霊園のいせや

まもなく創業100周年を迎えるいせや。多摩地域をはじめ全国に、花と緑でいっぱいの“毎日来たくなる霊園“をつくっています。

「花小金井ふれあいパーク」

「小平ふれあいパーク」

「府中ふれあいパーク」

「秋津ふれあいパーク」

Gardening

ロゼリア・ラウンジを訪れるお客様には「こんな空間見たことないわ、おしゃれで居心地が良いわね」と、ご満足いただけているそう。
当初予定していたラウンジでのコンサートなどは、コロナウイルスの影響を鑑みて延期となっていますが、来年以降、状況を見て開催を検討したいとのこと。お客様同士のコミュニケーションの場、ふれあいの場にもなるようです。昔から大切にしてきたことを守りつつ、新しい価値観を提案するロゼリア・ラウンジ。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

コーヒーに添えられる、繊細な切り絵。「お客様におもてなしの心を伝えたい」と、ラウンジスタッフがひとつずつハサミで作っているそうです。

いせや ロゼリア・ラウンジ

場所 東京都小金井市本町6-2-30

   ソコラ武蔵小金井クロス1F

営業 10:00〜16:30

定休日 水曜

https://www.iseya.co.jp


延床面積 126.12㎡
​設計 上原和建築研究所

about

  the Architect

建築家
上原 和さん

うえはら かず
 

1級建築士
1977年小金井市生まれ。2006年に上原和建築研究所を設立。小金井市における「空き家活用PROJECT」やミャンマーに良質な住宅を提供する「Smart Japan」など、社会活動も積極的に行う。
親しみやすく温和な人柄で、各方面から慕われている。

上原和建築研究所

https://www.k-uehara.com/

取材・文

渡部和泉 わたなべ いずみ

ライター、フードコーディネーター、国際中医薬膳師。 著書に「コーヒーショップをつくる」(旭屋出版)などがある。東京の郊外に建てたWBハウスで、月に1日だけオープンする「cafe mel」を営む。
https://www.cafemel.com/

“タカキホームの家で暮らしています”  index

vol.1

ガーデニングを楽しむ、花いっぱいの住まい

―小金井市Yさま邸―

vol.2

エアコンなしでも快適に暮らせる、パッシブハウス

―小平市Tさま邸―

vol.3

急な来客にも慌てない、いつでも歓迎できる家

―小金井市髙木邸―

vol.4

タカキホームの「キホンの家」、モデルハウスの見所

―東大和市モデルハウス―

vol.5

薪ストーブのある暮らし パッシブハウス・冬編

―小平市Tさま邸―

vol.6

この先も安心して暮らせる、平屋のような2階建て

―小金井市Tさま邸―

vol.7

母と娘の創作基地は「パオ」のような8角形の家

―所沢市Kさま邸―

vol.8

前居の建具を引き継いだ、北欧風の大人かわいい一軒家

―三鷹市Oさま邸―

vol.9

はけのふもとに建つ、瓦屋根の文化住宅

―小金井市Kさま邸―

vol.10

人と人、空間と空間をつなぐ、スタイリッシュな3階建て

―小金井市Yさま邸―

vol.11

築30年の実家をシンプルでナチュラルな空間にリフォーム

―西東京市Yさま邸―

vol.12

西荻窪の居抜き物件を、パステルカラーの刺繍教室兼ショップにリフォーム

―杉並区西荻窪『Atelier アンナとラパン 刺繍道具店』―

vol.13

中古戸建てを建築家とともにリフォーム。グレーが基調の洗練された室内

―西東京市Gさま邸―

vol.14

“ガーデニング霊園のいせや”が作った武蔵小金井駅前のカフェラウンジ

―株式会社いせや ロゼリア・ラウンジ―

vol.15

家族が健やかに暮らせる、通気断熱WB工法の家

―目黒区Oさま邸―