薪ストーブのある暮らし

パッシブハウス・冬編

 vol.5 小平市Tさま邸 

薪ストーブを囲むときは、ご主人は上がり口に、奥さまは中央の椅子に座ります。ゆらめく炎を眺めたり、パチパチという音に耳を傾けたり。ご夫婦ふたり、ゆったりとした時間を過ごします。

エアコンを付けず、光や風など自然の力を利用した家で暮らす、小平市のTさんご夫婦。前回は暑い時期に伺い、北側の冷たい空気を取りいれたり、ハッカオイルを利用したりと、夏を快適に過ごす工夫をたくさん教えてもらいました。
では、冬はどのように過されているのでしょう。北風が強く吹きすさぶ寒い日に、Tさんのご自宅に再度お伺いしてきました。

空気が乾燥した寒い日でしたが、家の中は春が来たかのように暖か!2階の窓から時折入る冷たい空気が、心地よいほどでした。

日差しが気持ちいい、2階のリビング。季節ごとに変化する太陽の位置を考慮して、窓の高さやひさしの長さが計算されているから、冬は日が入り暖かく、夏は直射日光が入らず涼しい。

Tさん邸の冬の主役は、なんといっても玄関の土間に設置された薪ストーブ。ヤカンを載せておけば蒸気で乾燥もしないし、遠赤外線の効果で身体の芯からポカポカしてきます。
「東日本大震災の時に電気ヒーターが使えず、とても寒くて辛かったのがきっかけです。電気を使わない暖房器具ということで、薪ストーブに興味を持ちました」と、薪をくべつつ話すご主人。海外製が多い中、「被災地を少しでも応援できれば」と、岩手の会社がつくる薪ストーブを選びました。
家を設計した建築家の古市さんは「玄関であり、通路でもある土間ですが、薪ストーブがあることで人が集まる場所となります。ここをサブリビングと位置づけ、プランニングしました。吹き抜けで2階のリビングとつなげることで一体感が生まれ、1台で家全体を暖めることができます」と教えてくれました。

The Fun of

Wood Stove

薪ストーブの楽しみ

電気を一切使用しない、薪とペレット兼用の国産ストーブ。「冬だけではなく、それ以外の季節も薪ストーブを見ると心が落ち着くし、インテリアとしても欠かせない存在となっています」とTさん。

「燃やす木によって香りが異なります。桜の木は甘いにおいがしました。燃え方や灰の残り方もそれぞれ。おもしろいですね」。

薪は屋外の薪棚に保管。山間部に住む知人から生木をもらったり、剪定中の人に声をかけたりして、調達しているそう。時々、タカキホームから廃材を譲ってもらうことも。

2階のリビングには火鉢が。薪ストーブで火を付けた炭を持って上がり、炭火でお餅やパンを焼いたりします。

薪ストーブの上でじっくり焼いた、安納芋。中心まで柔らかく、甘さもしっかり。シチューや焼きりんご、ピザに挑戦したこともあるそう。

毎朝ハンドドリップでコーヒーを淹れるご夫婦。抽出後のコーヒーカスは、薪ストーブの近くで乾燥させ、庭の肥料に再利用しています。

1階から2階に続く、壁一面の本。蔵書に合うようにタカキホームの大工が造作した本棚です。薪ストーブにあたりながら読書をする時間は、最高の贅沢。

薪ストーブのある土間(サブリビング)と、生活の場である2階を煙突がつなぎます。煙突がまっすぐなのでススが付きにくく、掃除もラク。

The Fun of

Wood Stove

薪ストーブに火が入るのは、Tさんの帰宅後。だいたい午後6時過ぎです。10分ほどかけて火をおこしてヤカンをのせ、沸いた湯でふたり分の湯たんぽをつくります。午後7時、暖まった2階で晩ごはん。1時間で室温が約4度上がるそうです。その後、湯たんぽの入った温々のお布団で就寝、というのが流れ。
朝はさすがに冷えるものの、ふたりともすぐに出勤するし、昼間はリビングに日差しがたっぷり入るので、日なたぼっこしているように気持ちいいのだとか。

冬もハーブや花が育つ、ベランダ。夏はグリーンカーテンのように生い茂ります。

「薪ストーブとの付き合いは4年目ですが、まだ火を思い通りに操れません。でもそこがおもしろいし、コーヒーをちびちび飲みながら火をおこす時間で、仕事からプライベートに頭をリセットできます」というご主人の言葉に、「火をおこすために、早く帰ってくるようになったものね」と奥さまが笑います。
ご夫婦ふたりで薪ストーブの前に座り、炎を眺めながらなんてことないことを話したり、本棚の背表紙をツラツラと眺めたり。そんな穏やかな時間こそが、この家の空気をやさしく、じんわりと暖めるのでしょう。
スイッチひとつで何でも手に入る時代。だからこそ、時間と手間をかける薪ストーブは楽しく贅沢だし、私たちに大切なことを教えてくれるのかもしれません。

玄関先には、春の気配。

小平市Tさま邸

構造 木造在来工法
地上2階建
敷地面積 85.30㎡
建築面積 33.94㎡(建ぺい率39.79%、許容40%)
延床面積 66.23㎡(容積率77.64%、許容80%)
 1階 33.94㎡
 2階 32.29㎡
設計:古市久美子建築設計事務所

about

  the Architect

建築家
古市 久美子さん

ふるいち くみこ

Tさま邸を設計した女性建築家。

材料、土、風、熱、気候の特性をいかした

パッシブデザインが得意。

気さくな人柄で、小さな事にも親身になって

相談にのってくれるとまわりからの信頼も厚い

三児の母でもある。

古市久美子建築設計事務所

http://www.furuichikumiko.com

取材・文

渡部和泉 わたなべ いずみ

ライター、フードコーディネーター、国際中医薬膳師。 著書に「季節の手づくりジャムの本」、「家族ではじめる、小さなカフェ」などがある。東京の郊外に建てたWBハウスで、月に1日だけオープンする「cafe mel」を営む。https://www.facebook.com/welcome.cafemel/

“タカキホームの家で暮らしています”  index