はけのふもとに建つ

瓦屋根の平屋住宅

 vol.9 小金井市Kさま邸 

小金井市には「はけ」と呼ばれる、高低差15メートルの段丘崖があります。豊かな緑、小さな水路など風情ある景色が広がり、心安まるエリアとなっています。
その「はけ」のふもとに建つのが、朱色の瓦屋根と黒い杉板貼りの外壁が印象的なKさん邸。昨春竣工したばかりですが、昔からここに建っていたかのようにしっとり溶けこんでいます。
今回は、タカキホームと建築家の石黒隆康さん(BUILTLOGIC)が建てたこちらの平屋をご紹介します。

杉板貼りにブラックの塗装を施した外壁と、朱色の瓦とのコントラストが美しい。後ろにはクヌギがそびえます。

軒下の垂木は、先端部分に角度をつけてシャープにし、すっきりとした印象に仕上がっています。

ご夫婦と会社員の息子さんの3人で暮らすKさん。高層マンションよりも、地に足のつく平屋住まいに憧れていました。
住み慣れた小金井市で土地を探し、2年かけて見つけたのが現在の場所。クヌギの大木が側にある静かな住環境に一目ぼれしたそう。
「タカキホームとは、住宅イベントで知り合いました。それまでの不動産巡りで気疲れしていたので、スタッフの気取らない雰囲気や誠実な人柄に安心できたんです。紹介してもらった建築家の石黒さんも、『住み手』を大切に設計されるところに、惹かれました」と振り返ります。

アプローチから玄関までは、レンガで統一。外と中とがつながり、広々と感じます。

華美な装飾や奇をてらったデザインは必要ない。きちんと建てられた文化住宅風の家に住みたい、というのがKさんのご希望でした。
石黒さんは、ロジックに基づき快適で機能的なデザインをモットーにする建築家。
タカキホームは、良質な木材と高度な技術に定評のある工務店。
3者でじっくりと打合せを重ねること約1年。文化住宅風のレトロな佇まいと、現代の機能美とが合わさった家が完成しました。
屋根の勾配や窓のサイズ、取付位置など細部まで綿密に計算されているため、全ての部屋に自然光が入り、どの窓からも美しい借景が望めます。
どこか包まれているような安心感があるのは、場所によって天井の高さや木材を変えたりしているから。
ひとつひとつに理由があるのですが、堅苦しさは微塵も感じず、自然体でいられます。
「動線がよく、住みやすいですね。冬は日差しが入って暖かいし、夏は漆喰壁だからジメジメしません。とても快適です」と、ご夫婦ともに笑顔です。

AUTHENTIC

「暮らしやすさ」と「美しさ」

ソファーがあるリビングは構造あらわし天井で開放感を出し、食卓テーブルがあるダイニングは低めの天井で落ち着きのある雰囲気に。

リビングの床はクルミの無垢材を使い、床暖房を導入。冬でも裸足で歩きたくなる質感です。

ご主人の部屋。オットマン付きソファーに座り、オーディオを聴くのが最高のくつろぎタイム。窓からは、庭とはけの緑が望めます。

奥さまの部屋。ご主人の部屋は中庭をはさんで向かいにあります。

すっきりと明るい浴室。天井は水に強いサワラ材を使用。さわやかな香りで、温泉のようにくつろげそう。

部材を太めに揃えた「吉村障子」が、モダンな印象。他の部屋もカーテンは使わず、ロールスクリーンと木製ブラインドを採用。

AUTHENTIC

古い時代の簞笥や、どっしりとしたソファ、さりげなく置かれたアート。おふたりが以前から愛用してきたものは、どれも新居にぴったりと馴染んでいます。
「持ち物へのこだわりが特別ある、ということではないんです。たまたま見つけたものばかりですよ」と謙遜されますが、その審美眼によって選ばれた什器や小物類こそが、一層「はけの平屋」を輝かせ、居心地よくしているのは間違いありません。

蔵書がずらりと並ぶ壁面の本棚は、家具職人による造作。

撮影・石田 篤

小金井市Kさま邸
構造 木造在来工法
平屋(地上1階建て)
敷地面積 205.23㎡
建築面積 96.13㎡(建ぺい率46.85%、許容50%)
延床面積 91.33㎡(容積率44.51%、許容80%)


設計:BUILTLOGIC

about

  the Architect

建築家
石黒 隆康さん

いしぐろ たかやす

1級建築士/照明コンサルタント
事務所名「BUILTLOGIC(ビルトロジック)」は、「建てる」+「論理的に」を組み合わせた造語。
感覚的なデザイン作業に、論理的な検証作業を組み合わせることで、快適かつ機能的な住宅を提案する。
「住まい手」を大切にした設計で、依頼主からはもちろん、職人からの信頼も厚い。

BUILTLOGIC  ビルトロジック

http://www.builtlogic.com

取材・文

渡部和泉 わたなべ いずみ

ライター、フードコーディネーター、国際中医薬膳師。 著書に「季節の手づくりジャムの本」、「家族ではじめる、小さなカフェ」などがある。東京の郊外に建てたWBハウスで、月に1日だけオープンする「cafe mel」を営む。
https://www.cafemel.com/

“タカキホームの家で暮らしています”  index